MINIATURE MODEL 1/12 Brown taste 
お知らせ
 

2017年7月9日(日)Renケーナ奏者・コンサート(会場作品展示)瑞浪市地域交流センター    

2017年6月17日(土)18日(日)クリエイターズマーケットvol.36 終了しました    

 ミニチュア・クリエイションズ・クラブ/MCC 
 
  
 NEW WORK'S 
 
 
警防団(現消防団)車庫
 
  
 
 

 
  
「桜小道脇通り・商店街」
 
  
 
 
  
  
 
商店街動画(HD再生出来ます)
 
 
 
 

 
オートバイ慕情
 
 
  
「とある場所」 
 
 
gallery 

  
「ホームバー」
 
 
gallery

 「出窓」

 
 
gallery
 

 
「静寂な祈り」
 
 

gallery


 

「バス停」 

Gallery 
 
 

 
「窓に射す時間」
 
 
 
   
 
  Gallery 


 
「思案」
  

 
 
Gallery

 
  「白煉瓦の部屋」
 
Gallery
 

 
「次男坊のガレージ」

 


 Gallery


 
「独り飲み」



 Gallery 


 
「酒場の猫と」 
 

 
 
Gallery 
 



 「BRAND RICH」

 
  
時代は1900年初頭のイギリス。

老舗百貨店(BRAND RICH 仮称)の商品搬入、搬出を行うためのストックルームの一場面。

頻繁に出入りする商品を担当者が左側の部屋でチェック、仕分けをして、蛇腹ドアのエレベーター

で各階に送られる。百貨店の裏方部分であり一般には目に触れることのない場所。

そこで働く従業員の息づかいをミニチュアで表現してみました。

写真集企画で制作した百貨店のバックヤード、ストックルームの一部。

制作の参考情報量としては殆ど無いに等しい中、規格内の大きさの中で
レイアウト
 
制作物に手こずりました。
 
  


 
「覚醒の朝」  
 
 
 
Gallery 

    
「インダストリアル・バー 」
 


Gallery 
 

 

「閉ざされた空間」
 

 
Gallery 

   
「町工場」 
   

 
Gallery

 
 「カフェ&ギャラリー」
 

Gallery 
   

          
「見ているもの」 

が主人公だとしたら脇役は何だろう? 周りの石ころだろうか、それとも雑草? それは意図としなくても

その主人公である花を引き立てているのだろうか。

それぞれの折り合いの中で必然的に主人公と脇役がキャスティングされて行く。

それはあくまでも客観的な形相であって当の本人達はそれを知る余地もないかもしれない。

主人公があるとすれば残りのその殆どは脇役になる運命であり、そこに一場面の安定が築き上げられる。

脇役には脇役のなりの輝きがあり、認められようとそうでないにしろ控えめながらも確実な存在がある。

道端を歩いていて足元に映る光景は見方によっては全てが脇役に見えてくる。

何故か愛着が湧いてくる。

「消えたかつ丼屋

から何十年も前の話ですが、実家の近くに定食屋さんがありました。

店名は忘れてしまいましたが自分が成人になるころ店を閉じてしまいました。

そこのかつ丼はとてもボリュームがあって当時の食欲をもってしても一杯食べれば十分な量でした。

わらじカツ丼、と知る人はそう呼んでいました。カツのみのテイクアウトも出来ました。

どんぶりにわらじが乗っているかのように、かつが大
きくどんぶりからはみ出す勢いです。

単にボリューム があるだけではなく、カツとじのあんばいが
絶妙で、かつ丼と言う食べ物がこんなに旨い

のかと思ったことが今でも鮮明に記憶にあります。

かつ丼は自分が最後の晩餐に食べたいものベスト3に入っています。

残りの二つはお茶漬け、数の子。
ただ、あれ以来かつ丼は幾度となく色んな店で食べましたが、あの店の食

感を超えるものは今をもっ
ても出会えていません。出来うるなら、その一品が食せるのなら本望です。 

消えたもの、自分から離れたもの、幾多の出来事を経験していく中で記憶と言う味覚は一生涯残り続
けるで

しょう。記憶は形としては現れませんが、ミニチュア作りをかじっているのなら何かそう言った
記憶の味覚

の様なものを表現してみたいと思います。

単に過去に捕らわれるだけでなく、そこから明日
に向かって行ける起点を作っているような気持ちでありた

いと思います。

当サイトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。
 
PAGE TOP

 
  ご使用のブラウザによって、サイト中の文章がずれて表示される場合があります。

 

 

 
作品掲載写真集
新刊2017年7月発売予定 
 
CreAtor15
「ドールハウス~我が街!
ニュータウン」(仮題)
 
定価1,800円+税 
A4変型72~80頁(予定)
巻カバー装

  直近イベント
         
         ケーナ奏者Renコンサート 
 
         会場ホールにて作品展示します。
 
日付:7月9日(日)
 
会場:瑞浪市地域交流センター(岐阜県)
 
開場13:30 開演14:00
 
入場:前売券3000円(当日3500円) 
 
お問合せ:株Ren音楽事務所
電話 0284-64-9022

  
 次期イベント
  
 京王百貨店(新宿)
 
「ドールハウス展」に 出展します。
 
7月21日(金)~26日(水)
 

Brown taste produces the miniature of the 1/12 scale.
It is intended to produce a heartwarming work.