プローフィール
 
・さばし よしひろ
 
・屋号 Brown taste
 
・1960年生まれ、岐阜県在住。
 
・1/12スケールのミニチュアを制作しています。
 


      活動履歴

     2017年4月  「男達のミニチュア展」池袋オレンジギャラリー
     2017年2月     シェトワVol.4 (名古屋市)
     2016年12月    クリエイターズマーケットvol.35 ポートメッセ名古屋
     2016年8月    「男達のミニチュア展」大丸百貨店 東急ハンズ東京店
     2016年7月     2016 SUMMER・ドールハウス展 京王百貨店新宿店
     2016年7月     亥辰舎発刊・写真集「ドールハウス百貨店」に掲載
     2016年6月     阪急うめだ本店「ドールハウス百貨店」作品展示(大阪)
     2016年6月     第18回ドールハウス・ミニチュアショウ(東京)
     2016年4月     ハンドメイド市場 Vol.2(名古屋市)
     2016年4月    「男達のミニチュア展」 池袋 オレンジギャラリー出展
                           ・
TBSテレビNスタの取材。作品紹介を番組内で戴く。
     2016年3月     日本蒸奇博覧会in名古屋vol.1(名古屋吹上ホール) 
     2016年2月     シェトワVol.3 (名古屋市)
     2015年12月    ハンドメイド市場(名古屋市)
     2015年12月    クリエイターズマーケットVol.33 (名古屋市)
     2015年9月     覚王山アパートsoboギャラリー 一人展(名古屋市)
     2015年7月     新宿京王百貨店・ドールハウス展(新宿)
     2015年6月     東京インターナショナルミニチュアショウ出展
     2015年5月     名古屋GGMマーケット出展
     2014年11月    第15回ジャパンギルド・ミニチュアショー東京出展 
     2014年11月    AKガーデン7(東京浜松町)
     2014年9月     日本ドールハウス協会中央ブロック共同作品展(池袋オレンジギャラリー)
     2014年7月     亥辰舎発行 「ドールハウスⅡ」掲載
     2014年7月     新宿京王百貨店・ドールハウス展(新宿) 
     2014年4月     工房「Brown taste」を設立。 
     2013年11月    第14回ジャパンギルド・ミニチュアショー東京出展
     2011年8月     ドールハウスの世界展出展(横浜高島屋)
     
2011年6月     第13回東京インターナショナルミニチュアショウ出展
     
2009年10月    デザインフェスタvol.30出展
     
2009年9月     osakaアート&てづくりバザール出展
     
2009年6月     名古屋クリエイターズマーケット出展
     
2009年3月     DMH展に出展(大阪市)
     
2008年        ミニチュア模型製作を始める。
 

  Brown taste(ブラウン テイスト)にようこそ。

私が生まれたのは、東京オリンピック後の高度成長時代。毎日何か新しい出来事が起こり、見たこともない
モノが毎日のように現れていた頃です。
子供心に、「何十年かするとすごい未来がやって来るに違いない」と想像に胸をおどらせていました。
その時からすると、未来である現在は確かに便利にはなったものの、自分が想像するのとは幾分か違ってい
る気もします。
確かに私たちの生活は豊かになりました。でも、子供心に描いた未来が放っていた輝きは、実際未来を手に
して見ると何とも味気なく、過去の思い出の方が輝いているような気もします。
人間とはおかしなものです。手に入らないものこそ、輝いて見えるのですから。
消えたもの、自分から離れたもの。いくら手を伸ばしても、帰ってこないもの。幾多の出来事を経験してい
く中で、私たちはモノ、風景、音、匂い、あるいは味に、記憶や追憶という物語を託し、大切にしてきまし
た。甘い思い出、苦い思い出など、記憶はしばしば味覚にも例えられます。
「記憶の味覚」…それが甘酸っぱいものであれ、苦いモノであれ…を表現したい、というのが、私のミニ
チュア製作のテーマです。
記憶は形になりませんが、ミニチュアは、記憶を形に託すことができるのですから、私にとっては最適な創
作テーマでした。
ギャラリーをご覧になればお分かりのように、私の作品は、あまり「綺麗」な作品ではありません。
使い込まれ、古び、時には打ち捨てられ、忘れられたモノが題材になっています。
しかしそれは、私が過去や退廃、忘却をテーマに製作している、ということではありません。
見る人が、懐かしさや古めかしさだけではなく、そこに映る何かをきっかけに、元気になれるような作品づ
くりを目指しています。
ギャラリーに掲載している作品の多くは、すでに新しいオーナー様のもとへ旅立っていますが、私の製作記
録として、どうぞお楽しみください。
最新作品や近況、直近のイベント出展などは、時々日記も併せてご覧ください。
それでは、どうぞごゆっくり。
  当サイトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。